iPhoneが進化してきた歴史をご紹介!


10年先の未来へ


iPhoneの未来は誰にも予想を付けることが出来ません。それを象徴的に示すものがホームボタンの廃止でしょう。iPhone8まで必須だったホームボタンをApple社はiPhoneXで廃止させることに決めました。これには多くのiPhoneユーザーが不満を感じ、ネガティブな意見も多く寄せられたことも事実です。しかし、Apple社は10年先を見据えた開発をしています。そのため、市場をリードするような先鋭的な開発を行なっているのです。

それを証明しているのがホームボタンの廃止と同時に導入されたFace IDです。こちらはiPhoneに自分の顔を登録することですべての認証が自分の顔で済ませることが出来ます。今までの顔認証は眼鏡などをしていると認証が上手くできないと言うものがありましたが、Apple社はこれを克服し日常的に使えるレベルにまでブラッシュアップをしたのです。

また、この顔認証は「アニ文字」という新たな文化も生み出しました。これは自分の表情を登録しているキャラクターに読み込ませると言うもので、例えば、メイクをしていなくてテレビ通話が出来ないなどの時でも相手とコミュニケーションを取ることが出来るのです。