iPhoneが進化してきた歴史をご紹介!


日本の携帯市場激震


2世代目iPhone最大の特徴といえばAppStoreの登場でしょう。これによってアプリを自由にカスタマイズ出来るというiPhoneの、そしてスマートフォンが持つ最大の利点を獲得しました。回線機能が3Gになったことによって、そのスピードも劇的に変化しました。これによってアプリをダウンロードするのも快適になったため、アプリを活用したiPhoneの活用方法がより広がっていったのです。

さらに、iPhone3Gの登場から1年後の2009年にiPhone3GSが登場しました。これによっていよいよiPhoneは完成形に近づきます。電子コンパスが標準搭載されている他、今では当然のように行なっているビデオ撮影も可能になりました。「デジタルカメラの代わりにスマートフォンを買う」という今の風潮は、このiPhone3GSの登場があってからこそでしょう。音声コントロール機能の追加も見逃せないポイントです。

このように、iPhone3G、3GSは初代iPhoneから比べて劇的な進化を遂げていることがよく分かります。このような高性能スマートフォンであったため、当時懸念されていた日本での人気は嘘のように大流行をすることになるのです。ガラパゴス状態の日本携帯市場が大きく激震した瞬間でもあります。