iPhoneが進化してきた歴史をご紹介!


登場当初の性能


今や大人気のiPhoneですが、発売当時、日本では芳しくない反応でした。一部のAppleファン以外は日本での大流行は有り得ないというのが一般的な見方だったのです。その理由が回線速度の遅さです。回線速度が2Gだった初代iPhoneは動作が遅かったため、その性能を十分に活かし切れていないというものがありました。また、AppStoreもなかったのでアプリを自由にインストールすることも難しい状況だったのです。

しかし、ネットサーフィンをするという意味では、初代iPhoneは革命的なデバイスだと言われていたという見方もあります。当時iPhoneと並ぶスマートフォン各種はネットサーフィンをするのにストレスが溜まるほどの回線速度だったため、アメリカではそのストレスを感じることがなく操作ができるiPhoneが爆発的に受け入れられたのです。当時のウェブサイトは今よりも重たいものではなかったため、初代iPhoneでも十分に処理が出来たという見方もできるでしょう。

「iPhone以前とiPhone以降のウェブは違う」とまで言われるくらい、当時のiPhoneは革新的なものでした。性能や回線速度は今から見れば劣っている部分もあるかもしれませんが、むしろ、iPhoneがスマートフォンの進化を牽引していったからこそ、今のように発達したウェブ文化が築き上げられたとも言えます。